個人貸出延長まで責任を負う

シティグループが韓米銀行を買収して韓国シティ銀行に発足してから17年ぶりに国内小売金融事業を閉じることを決定し、後遺症が続いている。これまで韓国シティ銀行を利用してきた顧客と金融業界、当局はそれぞれ、今回の事態が与える影響について、複雑な算法に入った。昨年末基準韓国シティ銀行の顧客ローン資産は24兆7000億ウォン、個人のお客様が預けた預り金は27兆3000億ウォンで、それぞれ集計された。

韓国シティ銀行からの融資や預貯金、カードなどの金融商品を利用してきた顧客は、融資の延長が難しくなったり、金融商品の運用が中断され、비대면폰테크 被害を受けないか心配する。18日、韓国シティ銀行によると、15日に撤退のニュースが知られている後、お客様の問い合わせが25%ほど増加したことが分かった。

金融当局と韓国シティ銀行側は小売金融の出口戦略がどのように決まっなろう既存の顧客が危険になる状況はないという説明だ。金融委員会関係者は「もし事業部門を売却する方向に鎖が取れれば包括譲渡にそのまま移管されるようになり、段階的撤退をしても既存の預金、貸出顧客が残っていれば最後まで営業を維持しなければならないので、顧客が体感する困難はないだろう」と話した。

韓国シティ銀行も「具体的な計画が確定するまで支店営業、コールセンターなどを含む対()顧客業務は現在と同じように維持される予定」とし「今後サービスに変更内容やその他の必要な措置がある場合、顧客に詳細に案内する」と話した。

しかし、一般市中銀行に比べ余裕がなかった信用貸付限度や資産管理(WM)など、既存のシティ銀行の強みが持続することは難しいだろうという見方も出ている。これらの競争力は、シティグループ本社で提供される良質の投資情報や海外金融機関の差別化された経営戦略などをもとに可能だっただけにシティバンクの看板を離した後、商品の性格が変わるしかないということだ。

シティグループが出口戦略と関連した具体的な計画を公開していない中で、買収合併(M&A)市場も揺れる兆しだ。WM、クレジットカードなどの各事業部門を分離して別途売却したり、小売金融部門を丸ごと売却する方式、または事業を徐々に縮小して、最初から国内市場で足を抜く方式などが挙げられている。

韓国シティ銀行はこれまで、高額資産家中心の「選択と集中」戦略でWM分野で競争力を持っており、魅力的な物件というのが金融圏の大半の意見だ。特に地方金融持株の場合シティバンクの買収により、自然に全国区市場に進出することができ、小柄育てる機会になることがあります。一部では意外に気軽に引数が出ないことがあるという観測も出ている。銀行券関係者は「実績下降税で撤収が決定された物件を買収するのが実益があるかについて懐疑的な雰囲気もある」と話した。

また、単に市場シェアを離れ、これまで対米金融ネットワークの役割を担ってきたシティバンクの象徴性や影響力が縮小されることがあるという懸念も出ている。実際、2008年の金融危機の時、韓米通貨スワップを締結するが、当時ハヨウング韓国シティ銀行頭取が主な役割をしたことが分かった。シティバンクを巡って‘金融圏の在韓米軍’という笑い話が出てくる理由だ。金融圏関係者は「シティ銀行は通貨危機など国家的困難がある時、米国の金融界と政策当局間の足を置いてドルを調達してくる架け橋をしてきた」と話した。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다